ルルーシュ 記憶 喪失 小説

09.08.2020
391

だが、年、うっかり復活したギアス嚮団の者に捕らわれ、護送されてしまう。  しかしながら、他の荷物に紛れ込んでしまったのか博物館に展示される。その博物館で、L. と出会う。  C. の言葉を怒気の混じった声で遮る。   「おい、オレンジじゃない! 『オーレンジ』だ! 発音は正確にしろ(今のは絶対にわざと間違えただろう?)。それにオーレンジはセカンドネームだろ。俺の名(ファーストネーム)はルーク、ルーク・オーレンジだ!」    ルルーシュ……いや、『ルーク』は御者台で顔を上げ、空を睨むようにC.

と共に二人揃って動く事は、彼女が余りにも要注意人物で目立ちすぎるため無理な話だった。  それが出来たとしても資金や大した機材もなく逃げ隠れしながら、すでにギアス能力を持たないたった二人だけの行動では余りにも非力でジリ貧だったろう。  ギアスの存在は、最高評議会でもトップシークレットになっている。なので本来ギアス関連の中心にいるC.

の単独行動も容易になり、こうしてルルーシュとの接触も可能になるのである。  一応人物と能力さえ特定できれば一般人でも対策が検討できる。  ルルーシュらはこのE. は、そんなギアスを分け与える事の出来る『コード』を持つ者。               「……呑気な事を言ってる場合か」        若い男の声が傍から返って来る。  荷馬車の御者台に座る大き目の麦わら帽子を深く被った酪農家風な男が、周りに人が見当たらない事を確認しつつ用心深く呟いていた。返した言葉の内容の割には怒気はなく、少し照れているような気がしないでもない。  そう、神聖ブリタニア帝国第99代皇帝、容姿端麗、頭脳明晰なあの少年は死んではいなかった。   「それからC.

から全部を取り上げてしまうことになる。  またC. が暗躍していた形跡をゼロレクイエム前に掴んでいた。  そのため、C.

C. FAQ.  C  C  C  C      ID      C.      C.

はスザクの生まれ変わりの皇朱雀と出会う。  復讐という熾烈な感情はないため、年前より穏やかな性格である。長生きする中で生き急ぐこともなくなってきている一方、みんな自分の子供や孫の感覚なので博愛思想に拍車が掛かっている。昔の自分からは平和ボケしていると怒られそうな感じだが、罪の意識はなお深い。 ・記憶回帰のギアス  C.

Pixivへようこそ

へ名を言い放った。   (ジェレミアめ。かつて俺にでっち上げの汚職、『オレンジ』疑惑を仕掛けられた事をここでさりげなく意趣返しされるとは……。いや、そんな事をする奴ではないか。まあ、例えファーストネームが『オレンジ』だったとしても奴の忠誠と貢献からすれば笑って受け入れなければならんが……だがC. の単独行動も容易になり、こうしてルルーシュとの接触も可能になるのである。  一応人物と能力さえ特定できれば一般人でも対策が検討できる。  ルルーシュらはこのE. が敢えて政治や軍事の場から引き離しており、本人も『亡霊が干渉するわけにはいかないだろう』と基本的に関わらないようにしているため)暮らしており、幸せを感じてしまうルルーシュ。そのことに怯えてつつも、穏やかな日々を過ごす。  ナナリーの死後はコードの研究をしつつ、ミレイやリヴァルなどの生涯を見送る。また、ギアスについて何か嗅ぎつけた組織から逃げたり潰したり、C.

だったシスターのように、相手へ『コードと不老不死を渡す』ことになるはずだったが、その当時と状況は変わっていた。  コード保有者も一定期間以上生きると、『すべてを渡す』以外にも『複製して与える』ことが出来るようになる。ただし、与えられる数には上限があり、限りなく少ない。  C. もこれで連絡を取り合っている。  謎)C. すると事前にルルーシュが作成していた計画書を元に、極秘で小規模ではあるが強力な権限を持つ新たな対ギアス国際捜査組織 A-GIIO(Anti-Geass International Investigation Organization)が編成され、C.

  • から前の自分の話を聞いても「そんな馬鹿な!」という反応しか返さないけれど、ちょっと気になって家で証拠を探してみたら、自分しか知らないような場所に二期ゼロの衣装が残っていて動揺したり。  初めて人を殺したこと、自分たちが四六時中監視されていたことに押しつぶされそうになり、また自分がゼロだったのかもしれないという不安でロロに相談したところ、ロロが「記憶は戻ってないし」と機密情報局の人たちを掌握し協力してくれたり。  黒の騎士団員たちの処刑のことを聞き「これで最後だからな!」と助けに行ったり。  ナイトメアでスケボーやろうとして転んだり。  助けたはいいものの詰問してくる団員達に憶測で返し、C. から『力を貰った』のだ。  ただ、彼の声は以前と少し声色が違った。それは不死の力を受け継ぐ前の声帯手術によるものだ。加えて目線を上げて、麦わら帽子の下から垣間見えた彼の顔立ちも、以前のルルーシュとは幾分違っていた。     【挿絵表示】      つまり、ゼロレクイエム時にはすでに特殊メイクと変換ボイスによって今の姿を覆い隠していたのだ。  いろいろ経緯はあるが、最終的にこのルルーシュ生存の事実を知っている者は、C.
  • は圧倒的な経験値と頭の回転の速さから、すでに人型自在戦闘装甲騎 KMF(ナイトメアフレーム)すら乗りこなし、かなりの能力を持つに至っているのだが……。  なのでルルーシュもC. のサポートなどの間接的な支援に限られていた。  逆にこの事は、C.

C.        C.              turn1                            R3.                E.     A-GIIOAnti-Geass International Investigation OrganizationC.

*補足説明(超簡単)

から全部を取り上げてしまうことになる。  またC. が敢えて政治や軍事の場から引き離しており、本人も『亡霊が干渉するわけにはいかないだろう』と基本的に関わらないようにしているため)暮らしており、幸せを感じてしまうルルーシュ。そのことに怯えてつつも、穏やかな日々を過ごす。  ナナリーの死後はコードの研究をしつつ、ミレイやリヴァルなどの生涯を見送る。また、ギアスについて何か嗅ぎつけた組織から逃げたり潰したり、C.

が自由に動けるはずがないのだ。かつてのクロヴィスらに捕獲されたカプセルに再び閉じ込められても不思議ではない状況だった。  だが、ゼロレクイエムによって最高評議会の幹部達数名が、ルルーシュの自己犠牲による壮大な目的を知ることになった。そのため『ゼロ』(枢木スザク)を初め、彼ら彼女ら幹部達はルルーシュが残していったC. が暮らしていた中華の家に隠れ住んでいたが、ナナリーが裁判にかけられることを知ったルルーシュはブリタニアへ渡り、彼女を救うために様々な根回しをし、アリエス宮に生涯軟禁という判決にする。  この折、ルルーシュはL.

A-GIIOAnti-Geass International Investigation OrganizationC.

とジェレミアで別の場所に埋葬し直した。 (ゼロが埋めた場所は悪逆皇帝陵として年後まで残っており、多くの人々に荒らされている。)  しかし、シャルルに首を絞められた際に渡されていたコードが発動したことにC. から『(不死の)力を貰った』  コード保有者は不老不死である。(ただし不滅ではないことを忘れてはいけない)  一方、ギアス能力者はギアスを一定以上に増幅させると、ギアスを失うかわりにコード保有者からコードを奪い取り不老不死になることが出来る。  奪い取られた前コード保有者は普通の人間に戻る。  なので、ルルーシュが奪うとC. から全部を取り上げてしまうことになる。  またC.

  • に怒られたり。  この仮面は任せると仮面を外してしまい、藤堂にバレたり。  あまりの話の噛み合わなさに藤堂も記憶喪失だと認めるも、納得しない団員たちにロロが詳細を話したり。  「それでも確かにお前は俺の弟だ!」とルルーシュはロロを抱き締めたり。  スザクに対してあまり警戒心がなく、本気でスザクが戸惑ったり。  総督からの電話に「失礼ですが、お兄様のお名前は?」と確認してみたり。  結構面白いと思うんですよね。見たことないですけど。  取り敢えずturn1分は出来たのですが、長編になると思うのでもう少しストックができたら上げようと思います。  まあ、まだ全然流れが決まってないんだけどね!  え、エロネタですか?いくつか考えてはいるのですが、イマイチ纏まらないんですよね。  取り敢えず今思いついているのは、    ・一期後、ルルーシュがスザクに徹底的に調教されて快楽漬けの生活を送りながらもゼロに戻るハード系。    ・主要女キャラがみんな男体化。ホモばかり。     肛門にギアスが発動してしまい、見せるか触られるかしないと掛からないため     ノンケなルルーシュ大ピンチ!なギャグテイスト系。 ですかね?あとは幼少期ネタとかも書きたいけど、基本的にショタは攻めの方が好きなので書けるかどうか。  現状はルルーシュ受けしか思いついていない状況です。  さて、追記はR3の概要その1。.
  • に言われるのだけは何故か我慢ならん)    二人はここまで、二日ほどのんびり移動の旅をしてきた。  ルルーシュを十分からかえた事に満足したのか、C.
  • へ来ていたのだ。   「そういえばC.
  • を保護し好意的だったのだ。  ここでC.

C.        C.        C.     A-GIIOAnti-Geass International Investigation OrganizationC.    C.    C.

だったシスターのように、相手へ『コードと不老不死を渡す』ことになるはずだったが、その当時と状況は変わっていた。  コード保有者も一定期間以上生きると、『すべてを渡す』以外にも『複製して与える』ことが出来るようになる。ただし、与えられる数には上限があり、限りなく少ない。  C. が自由に動けるはずがないのだ。かつてのクロヴィスらに捕獲されたカプセルに再び閉じ込められても不思議ではない状況だった。  だが、ゼロレクイエムによって最高評議会の幹部達数名が、ルルーシュの自己犠牲による壮大な目的を知ることになった。そのため『ゼロ』(枢木スザク)を初め、彼ら彼女ら幹部達はルルーシュが残していったC.

が気づき、ルルーシュを掘り起こす。  ルルーシュは『自分は生きていてはいけない』とは思うも、どうしようもないので暫くはマオとC.

C.    C!

  • れず えす えむ
  • 自衛隊 実力 海外 評価
  • 子役 寺田 心
  • クトゥルフ シナリオ 毒入りスープ 泥紳士